スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姿のない君

彼女との出会いは大学だった。
いたずら好きでよく笑う彼女。
甘えたがりでよくすり寄ってくる彼女。

彼女の顔が愛らしいのはわかっているのに、彼女の顔はよく見えない。
彼女の話はよくわかるのに、彼女の声は聞こえない。
彼女の肌の色は知っているのに、彼女の姿はいつも影のように真っ黒だ。

大学で出会って、楽しい時を過ごして、社会人になって、結婚して……
毎日をウソのように幸せに暮らしていた。

そして、そろそろ子供がほしいね。なんて話をしている時に目が覚めた。







そんな夢を見た。
夢の中の彼女はどこにもいない。
全部夢。

彼女なんていないし、夢の中の幸せとは縁遠いし、僕はもういい年のオッサンだ。
だからかも知れないが、もう少し、あの幸せな夢を見ていたかった。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク

Amazonへgo!



<公式>エディー・バウアー オンラインストア

アメリカンサイズの
アウトドアカジュアル



最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
517位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
アクセスカウンター
リンク
3D球体タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。