スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首を吊る

最近、死にたい「気持ち」が時折死にたい「衝動」に変わることがあります。
あんまりいい傾向ではありません。
まあ、自殺するのはうつ真っ盛りよりも治りかけの方が多いなんて事も聞くので、ひょっとしたら治る方向に向かっているのかもしれませんが……

どうなんでしょうね?

実際に死ねるか?と言うと、多分死ねません。僕は苦しいのも痛いのも嫌いな腑抜けなので、その真似事はできても実際死ぬことまではできないでしょう。
楽に死ぬ方法があれば死んでいるかもしれませんが、僕はそんな方法知りませんし、まずあったとしても面倒くさいのでやらないのではないかと思います。

unnamed.jpg

最近作った首吊りマシーンです。
と言っても、スチールラックにタオルのような布を引っ掛けただけの単純なものですが。

死にたくなったら、この下に座り(あぐらをかくだけで充分な高さです)この布を首に巻いて体重をかけていくだけの代物です。
実際にどうなるのかといいますと……

「苦しい」より先に「痛い」がやってきます。
当たりどころが悪いのか、気道より先に血管が締め付けられるらしく、顔がパンパンになって痛いんです。
うっ血するっていうんですかね?血の流れが止められて、それが痛くて仕方がない感じ。

結局痛さに負けて首を吊るのをやめるんですが、死にたくなった時はこれを2~3回繰り返します。
そして、こんなに痛いのなら、痛いのに我慢ができないのなら死ねるはず無いな……と思ってやめてしまいます。

それにしても、どうして最近になってこんなことをするようになったのか?
なんか気分的に追い詰められているんでしょうね……なんでかは知りませんが。

自殺なんかしないほうがいいです。痛くて苦しいだけですから。
関連記事

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

うん、取り敢えずそのタオルをそこからすぐ外そうか。まずは。
プロフィール
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク

Amazonへgo!



<公式>エディー・バウアー オンラインストア

アメリカンサイズの
アウトドアカジュアル



最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
517位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
アクセスカウンター
リンク
3D球体タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。