スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露天風呂と裁判と

久しぶりに夢を見ました。
というか、「覚えていられる夢を見た」という方が正しいかもしれませんね。
そして大概覚えているということは、リアリティがかけらもない夢だったりします。

僕は露天風呂に行くんですが、そこは露天風呂というより、河川敷の野球場の端っこをほって出てきたのがお湯だった。みたいな場所でした。
アチラコチラに大小適当な穴があって人が入ってるのですが、男湯も女湯も無いようなそんな世界でした。
だからといって混浴なのかと問われればそれはそれでなにか違うのですが、男湯でも女湯でも無くて人が入ってるなら、混浴ですよねえ……
まあ、夢の中のことですから様々な矛盾があります。

僕もその露天風呂に入ろうとしたわけですが、僕を押しのけて騒ぎながら入ってくる一団がありました。
そこで口論となって、あーだこーだ言ってるうちに、気がついたら法定のような場所で僕は自分が何に怒り、自分がいかに正しいかを力説していました。
そこでまた言葉が飛び交うわけですが、互いに何を言っているのかわからないうちに目が覚めました。

どうしてこうも荒唐無稽な夢ばかり覚えているのでしょうね?
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク

Amazonへgo!



<公式>エディー・バウアー オンラインストア

アメリカンサイズの
アウトドアカジュアル



最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
517位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
アクセスカウンター
リンク
3D球体タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。