スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、そういう制度だから

ハローワークにはいろんな制度があります。
その中でも求人に対してある「トライアル求人」という制度について……

僕が今日紹介してもらおうとしたのは、このトライアル雇用併用求人というものでした。

どういうものかというと、その職種の未経験者を雇って、三ヶ月間教育(試用)する代わりに、会社に助成金が出るという制度です。

まあ、求職者は未経験の職種に転向しやすいという利点があり、事業者側も新人の教育で業務の遅延を余儀なくされた期間の補填が助成金でできるという実にいい制度です。

さて、僕がこの制度を利用して紹介状を貰おうとした会社ですが……「未経験者を雇う」というところをどうやら理解していなかったようです。
職種「一般事務」ということで募集が掛けられていたのですが、先方が言うには「経理事務や受付事務などを経験しているが、一般事務のような幅広い範囲をカバーする事務を経験していない人材」をこの制度を使って募集したかったようです。
つまりは即戦力に近い人材を欲している……と。

まあ、僕に経験があるのは警備業だけですので、先方の条件には当てはまりませんが、トライアル求人という観点から見れば充分資格はアリなわけです。

そのまま、電話でハロワの職員さんと先方のやりとりを聞いていると、どうもその辺りを理解していない。
あちらからすれば「職種経験のない者になぜ紹介状を発行するのか?」という言い分のようです。

いや、だって……そういう制度ですから……
というか、基本的には前職が何であろうと、別な職種に移ろうと考えることは、決して悪いことではないと思います。
あとはマッチングの問題なので、それは書類選考なり面接なりで採否を決定すればいいだけの話であって、紹介状発行の段階でどうこう言われる話ではないと思います。

じゃなかったら、他職種への転職は不可能であり、適性など何らかの問題で転職しようと考えた場合は、また同じ職種に就く以外に道がなくなってしまいます。
これでは職業選択の自由に反してしまうじゃないですか。

そこで、ハロワの職員さんと先方との間での攻防が始まるわけです。
先方としては助成金も半即戦力もほしい。
コチラとしては助成金を出すなら未経験者を雇い入れてほしい。
で結果……
最後の最後まで先方はシステムの主旨を理解できないまま終了。

僕と職員さんとで顔を見合わせて苦笑い。
「どうします?紹介状発行しますか?」
「いや、いいです」
「ですよね~」
なんて会話をしながら今日の就職活動終了。

何事もそうですけど、システムの骨子を理解できないままシステムを利用しようと安易に考えるのはやめましょう。
とかく周りが苦労します(笑)
関連記事

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

会社の程度が知れるなぁ
プロフィール
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
スポンサードリンク

Amazonへgo!



<公式>エディー・バウアー オンラインストア

アメリカンサイズの
アウトドアカジュアル



最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
517位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
アクセスカウンター
リンク
3D球体タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。